バスオイルの作り方について

| 未分類 |

}PgžxQ若い女性を中心にアロマバスの人気が高いです。
アロマバスの魅力は、普通のお風呂でも体は温まりますが、そこにエッセンシャルオイルが入る事で、血行が促され体を芯から温める事が出来ます。
また、エッセンシャルオイルは呼吸器系の殺菌や消毒、喉の痛み、咳の緩和にも効果があるとされ、お風呂に入れる事で蒸気吸入が可能となり、辛い症状を改善させてくれます。
様々な効果があるアロマバスですが、カギとなるのがバスオイルです。
様々な精油がある中で、お風呂用として使いやすいものが、鎮静効果に優れる「ラベンダー」、お肌に優しくリラックスできる「カモミール」、肌を若返らせる「ローズマリー」、体の緊張をほぐす「クラリセージ」などがあります。
効用や香りなど自分の好みの精油をブレンドし、キャリアオイルに混ぜます。精油だけを入れる方法がもっとも手軽な方法ではありますが、種類によってはお肌に刺激になることがあるので、キャリアオイルも加えます。
キャリアオイルを入れる事で、肌への刺激や負担が少なくなり、さらに保湿効果も高まります。
出来上がったものは遮光性のガラス瓶に入れて密封し、冷暗所で保管するようにします。
一回のお風呂で小さじ1程度のバスオイルを入れてよく混ぜたらアロマバスの完成です。