バスソルトの作り方について

| 未分類 |

葉01バスソルトではお風呂に入れて使う塩のことです。天然塩が含まれているのでミネラル成分が豊富です。ミネラル成分は肌から吸収され、肌をすべすべにしたり肌環境を整えてくれます。保湿効果も高いので、入浴後にも肌のもちもち感が持続しますので、特に乾燥が気になる冬場におすすめです。発汗効果もありますので、ダイエット中の人にも効果が高いです。汗をたくさんかくことで、体内の老廃物を排出できます。ニキビなどの肌トラブルにも効果が高いことがわかっています。バスソルトは市販もされていますが、自分好みのものを自宅で作ることもできます。必要な材料は、天然塩、精油、ハーブです。ハーブは自分が好きな香りのものを選べばいいのですが、中でも相性が良いのがローズ、ローズマリー、ラベンダー、ハイビスカス、オレンジです。天然塩はスーパーなどに売っているものでもいいですし、海外の岩塩のようなものでも大丈夫です。大さじ2に対して精油をお好みで1から5滴ほど混ぜ、好きなハーブを混ぜて完成です。これは1回の入浴分なので、毎日使用する人は大きめの瓶などに1週間分などをまとめて作っておくのも良いでしょう。これから乾燥の季節になりますので、自分で作ったバスソルトで保湿ケアをしましょう。