観葉植物03アロマテラピーの材料はクレンジングオイルとしても使うことができます。メイク汚れの大半は油性のものです。油汚れは油で落ちます。市販のクレンジング剤は、材料の水と油を混ぜ合わせるために、肌に刺激の強い乳化剤を使用しますが、手作りのクレンジング剤は水を使わないので、肌に悪い化学成分を一切使いません。とても肌に優しく、メイク汚れは落としながらも肌に必要な油脂や水分は奪わないので、しっとり潤う素肌を保つことができるのです。使う材料は精油とキャリアオイルだけです。メイク汚れはキャリアオイルだけで十分落ちますが、オイルの効果を強めて、使い心地をよくするために好みの精油を加えます。肌質に合わせて、ふさわしいオイルを選んでブレンドすれば、自分専用のクレンジングの出来上がりです。どんな植物オイルを使っても良いのですが、敏感肌や乾燥肌にはアボガドオイルやスイートアーモンドオイル等が適しています。オリーブオイルやホホバオイルも使いやすいです。たっぷりのオイルで顔をマッサージした後は、ティッシュペーパーかコットンで優しくオイルをふき取り、石けん洗顔でオイルを落としましょう。酸化が進んだオイルは肌に悪影響を及ぼす場合があるので、作ったオイルは遮光瓶に入れて直射日光の当たらない場所に保管し、数カ月以内に使い切るようにしましょう。